シバタ君の考え
地酒屋シバタ

地酒案内役店長 柴田正吾と申します。

私は家業である酒屋をを継ぐため、さまざまな修行をしてきました。そして自店に戻ったのですが、しっくりこない3年がありました。そんな時、地酒に魅せられ「これだ!」と思いました。

このころから蔵元回りをしだしました。

初めは、有名蔵元に足を運びました。

今思えば取り引きできなかったおかげで、ここまでこれたのかなぁって思います。

地酒屋シバタ
地酒屋シバタ

そういった意味で有名蔵元さんには感謝しています。そんときはくやしかったけどね。

そうこうして地方の蔵回りをしていて、ある蔵元に出会いました。まだ有名ではないけど今までにはない良い出会いでした。

「気持ち良かった」といったほうが正確かな?

この人のお酒を売りたいなぁって思いました。

この時気付きました、有名な銘柄は先輩たちが手掛けたお酒なんだと。

私が後から分けていただいても、それは俺の店の看板にはならないと。

この時気付きました、

有名な銘柄は先輩たちが手掛けたお酒なんだと。

私が後から分けていただいても、

それは俺の店の看板にはならないと。

一度しかない酒屋人生!これからの蔵元さんと歩こうって。

その方が大変だけど、楽しいし俺らしいかなって。

そして将来、笑おうって。

この時から私の酒選びのポイントは酒質もさる事ながら、蔵元さんの人柄や、酒に対する思いを重視するようになりました。

地酒屋シバタ

当然蔵元さんも私を選ぶんですけどね、そのかいあって、ほんといい出会いさせてもらっています。

また、年々酒質も向上しています。そして、当店のお客様にしても同じで、ほんといい出会いの連続でめちゃ楽しいです。

これからもっと自分を磨き、魅力ある人となり、魅力的なお店にしていきますので御支援よろしくお願いします!


さらに深く内容を知りたい方はこの記事も読んでください!


Upgrade to PRO to use this 投稿 element

Get a PRO plan